旧古河庭園のバラ・・・




東京都北区にある 旧古河庭園 に満開のバラを見に行ってきました。

春のバラに秋のバラ、いつも行きたいと思いながらなかなか行けなかったところです。

画像


旧古河庭園はもとは明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でしたが、後に古河財閥家の所有になり、その後国有化を経て、今は都立の庭園として親しまれています。
「和と洋が調和する大正の庭」として、国の名勝にも指定されています。




洋館の東側には芝生広場が広がっています。
日本の風景ではないみたいですね。
この日は夏日だったのですが、よく手入れをされた芝生や庭木を眺めていると暑さを忘れるようでした。

画像





洋館の南正面には色とりどりのバラが今を盛りと咲き誇っています。

画像





庭園は武蔵野台地の斜面をいかした造りということで、洋館は小高い丘の上に、その下斜面にバラ園が広がっています。
お天気もよくバラを愛でる人や写真を撮る人でご覧のようなにぎわいでした。

画像





バラ園の中ほどにはつる性のバラ「カクテル」が咲いています。

画像





赤いバラと赤みを帯びたレンガ造りの洋館、よく合いますね。

画像





バラ園から下へ降りていくと、心字池~「心」の草書体を形どった池~を中心とした日本庭園が広がります。心字池ではたくさんの鯉が口をパクパクして餌をねだったり、亀の甲羅干しなど可愛い姿も見ることができました。
深い木々に覆われたベンチで一休み、こちらの日本庭園は秋の紅葉が楽しめそうです。

洋館と新緑のモミジがいい感じです。
この一枚は友人が撮影してくれました。

画像










さあ、お待たせしました~

いよいよ古河庭園を彩る春バラの数々です。

約90種180株のバラが植えられていますが、色も形も咲き方も様々です。

そんな違いを楽しみながらどうぞご覧ください。

バラに興味のない方は最後にノンみるちゃんが登場するまで、ズズ~っとスルーしちゃってくださいね~




 プリンセス ミチコ 
命名はもちろん美智子様に捧げられたことによります。
花弁が少なくバラとしてはさみしい花ですが、オレンジ色がはっとする美しさです。美智子様らしいバラといえますね。
正田低跡地の公園でもこのバラが満開だそうです。
画像




 ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ 
ダイアナ元英国皇太子妃に捧げられた品種です。
気品と温かみにあふれています。
ただ、最期が最期だっただけにはかなさも感じてしまいます。
画像




 プリンセス オブ ウェールズ 
こちらもダイアナ元妃にちなんだもの。
英国肺病基金の活動に対し、英国女王が名付けを許可したもので、苗を購入するとその一部が基金に回されるそうです。
画像




 ロイヤル プリンセス 愛子 
愛子様の誕生を祝ってなづけられたバラです。
画像




 パパ メイアン 
どう見ても赤ですが、黒バラの有名品種ということです。
真紅の大輪、花びらのビロード感、咲き方、開ききってはいますが、どれをとってもこれぞバラ!という感じです。とっても素敵でした。
画像




 熱情 
漢字名のバラはほとんどが日本人が作り出したバラです。
花から受ける印象と付けられた名前を重ね合わせるのも楽しいですね。
赤=熱情、なるほどですよね~
画像




 紫雲 
素敵な色です。
このバラが一番ぴぴっときました。
シックモダン?洋と和の調和?美しいです。欲しいなぁ~
画像




 春芳 
名前のイメージとぴったりですね。
優しい色合いのピンクがとても可憐な印象です。
画像




 芳純 
「香りのバラの代名詞」と呼ばれているそう。
「芳醇=薫り高く美味」なるほどですね。
温かみのあるサーモンピンクと花びらの波うちがとても優雅です。
画像




 アンジェラ 
つる性のバラです。
愛らしいピンク色とカップ咲きがどこまでもかわいいバラです。
画像




 マリア カラス 
ご存じイタリアのオペラ歌手の名前です。もう少し大輪で濃いローズピンクを予想していましたが、ちょっと違いました。でも目を引くことに変わりはありません。
画像




 ブルーライト 
えっ、「ブルーライトよこはま」を思い出した?
はい、私もいしだあゆみの歌う姿が目に浮かびました。
香りの大賞を受賞したほどの芳香だそうです。
画像




 ライラック ビューティ 
「こくのある甘い香りに、シトラスのフレーバーが感じられます」と、名前のプレートには書かれていました。バラの説明ではないみたい~
外側の花びらの縁取りがポイントですね。
画像




 フレンチレース 
アイボリーホワイトの色合いとフリルのような花びらが素敵です。
ふんわりと優しいいかにもフレンチレースですね。
画像




 バニラパヒューム 
オレンジのようなピンクのような微妙な色合いのバラ。
バニラの香りはするのかな~?
画像




 初恋 
純白に淡いピンクの縁どり、命名に納得です。
去年の人気投票第2位とか。
好天で色あせないといいけど・・・(笑)
画像




 琴音 
さわやかな色ですね。
ひとつの茎にたくさんの花をつける房咲きのバラも華やかでいいですね。
画像




 インカ 
輝くような黄金色、去年の人気投票第1位のバラです。
とにかく目を引きます。私を見なきゃここに来た意味がないでしょ!と自己主張しているみたい。1位も納得のバラでした。
画像




 朱王 
鮮やかなオレンジが目を引きます。
夏日のこの日にはぴったりの花だと思いました
画像




 ハーモニィ 
花の咲き方にもいろいろあるのがわかります。
これはとてもエレガント。
花びらが外側にくるりと反り返り、花の中央が高くなっていますね。剣弁高芯咲きと言います。
画像




 ソニア 
こちらの方がよりわかりやすいですね。
典型的なバラの形、剣弁高芯咲きです。
画像




 ゴールデンメダイヨン 
明るいレモンイエローがとてもさわやかなバラです。
こちらは花弁が丸い丸弁咲き、フレンチレースのように花弁の先が波打ってより豪華な雰囲気です。
画像

画像




 朝雲 
開花につれて花色が変化するバラです。
大輪のバラが色とりどりに咲く姿はとても華やかでした。
画像




 リオサンバ 
こちらも開花につれ色が変化するバラです。
黄色からオレンジ、ピンクに変わっていきます。
名前の通り、リオのカーニバルを連想させるとっても華やかで楽しいバラでした。
画像




以上、古河庭園を彩る春のバラ、いろいろでした。

皆さん好みのバラはありましたでしょうか。

私、何の花が好き?と聞かれるとバラと答えます。

やっぱりバラが一番好き。

大好きなバラを思い切り堪能できて幸せな一日でした。










さて我が家のミニバラ4種も負けてはいません。

画像


  


画像





地植えの白バラも咲きました。

画像




雨が降ると斑点ができてしまうので、きれいなうちに切り花にしました。

画像


↑ノンちゃんの顔よりも大きく、


↓みるちゃんの頭よりも大きなバラです。

画像



薔薇っていいですね~



長々とお付き合いありがとうございました。

















"旧古河庭園のバラ・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント